teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 全力全開(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:51/114 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

危機管理が大切です

 投稿者:主水  メール  投稿日:2005年12月12日(月)02時33分50秒
  通報
 
そうですね。一児の母さんの「人事ではありません」、良く分ります。今回は塾にて生徒が被害者に遭ってしまいました。詳細は日豪治安情報に譲りますが、こう何度も頻繁に発生しては、いてもたってもいられないのが心情だと痛感します。
しかし、理解して頂きたいのは、こういった事件を起こすような人間は「世の中に五万といる」という事実です。残念ながら、今の世の中は平和ではありません。一部の「知識人」と称する人たちの言っている様に「安全」であるならば、先日あったような罪も無い児童が理不尽にもメッタ刺しになるような事はありませんね。しかし事実起こっている。
 日豪治安情報でも述べましたが、「常識を知る」という事が大切だと思います。子供達に一度こう聞いてみて下さい。今まで登下校中に変な人に遭遇した事はあるか、友達で遭遇した子はいないか、そういった話を聞いた事はないか、と。
高い確率で「ある」と言う子が多いはずです。と、いう事はご両親がそういった事は起こりえない、と頭の中で考え、それを「常識」だと判断していても、実際の「世の中」、いわゆる現実の世界ではそれが「非常識」となってしまっている、という事です。
 現実の世界では、「意外と危険因子に囲まれている子供達」、それが「常識」なのです。
子供達を守るためには事前察知・事前防御が必要です。通学路を一度通り、危険な死角となるような場所は無いか、確認すると共に自宅と学校との間の距離などを事前に知っておく事が重要です。また、自身の車での送り迎えも考慮に入れなければなりません。
「仕事で行けない」「ガソリン代がかかる」と思われた方、子供の命とどちらが大切が考えなくても分るはずです。事情で仕事を続けなくてはならないお母さん方は、家族の方に頼んで送り迎えしていただく事が必要でしょう。
 残念な事にこういった事件はこれからも絶対に止まることはありません。特にこういった事件の犯罪者というのは、普段から社会でのストレスを蓄積し、爆発させたくてしょうがない状況に追い込まれています。
そしてそのストレスのはけ口を児童のような弱者にぶつけるのです。いわゆる社会の「負け犬」とでも言いましょうか。
しかし、どんな事件にせよ犯人が逮捕されたとしても、殺害された被害者本人が帰ってくることはありません。よって保護者の方は全力で子供達を守らなければならない、そう思う次第です。まずは自身の子供達に関心を持つ、それが大事です。

http://www.geocities.jp/suishin_ryu/

 
 
》記事一覧表示

新着順:51/114 《前のページ | 次のページ》
/114