teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 全力全開(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:61/114 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

遅れて申し訳ありません

 投稿者:主水メール  投稿日:2005年 5月 9日(月)23時22分47秒
  通報
  多忙の為、チェック遅れました。申し訳ございません。
くものすけさん、お答えします。アメリカとオーストラリアの犯罪統計比較は見て頂けたと思うのですが、大筋で正しいと私は判断しています。アメリカの犯罪に関して大抵の方が過剰反応していますが、ホットスポット(危険地域)を除き、国家全体で考えてみれば犯罪被害率の高さはオーストラリアが上なのは歴然としています。
 調査欄でも申しました通り、犯罪件数もしくは認知件数で比較するのはあまり意味がありません。当然人口が多ければそれに比例しますから。よって人口過密で犯罪件数が多い方が危険(犯罪に遭遇しやすい)だと言うのはありえませんね。犯罪に遭っている人よりも、それに全く関係なく過ごしている人間の方が大半ですから。
また、豪州は軽犯罪が多いだけで大したことは無い、と豪語する自称知識人?の方をよく見かけますが、調査もしていないのではお話になりません。実際は凶悪犯罪(強盗・暴行傷害・強姦)も多いのが実状です。
ブリスベンに至ってはシドニーやメルボルン程ではありませんが、やはり注意が必要です。あまり開放的になると後々大変なことに巻き込まれるケースも考えられます。
 今の時代、安全だ平和だ、というのはナンセンスですね。どの国にいてもそれは変わらないでしょう。
 また、ブリスベンについて詳細な情報を求む場合は「モンドコンタクトフォーム」から直接ご連絡下さい。無償で情報を提供させて頂きますが、アンケートの方宜しくお願い致します。
 他、オーストラリア訪問を控えている方、現地治安情報を望む方、どしどしご連絡下さい(現在、全ての州の治安情報データベース完成致しました)。

http://www.geocities.jp/suishin_ryu/

 
 
》記事一覧表示

新着順:61/114 《前のページ | 次のページ》
/114