teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 全力全開(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:88/114 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

違いについて

 投稿者:主水メール  投稿日:2005年 2月25日(金)01時08分4秒
  通報
 
それではニナさん、お答えします。

私的な意見で言わせて頂くと、格闘技=主に心身練磨の為に行うもの。それにはスポーツとしての格闘技も含まれます。肉体を練成し、「筋肉と精神力の極限を追及する」、という言い方が正しいでしょうか。

武道=心身鍛錬と共に、礼儀・節度・謙虚・尊厳等を重んじ、人間性の向上を追求するもの。いわゆる人間としての「道」を問うもの。

護身術=文字通り自身の身を守る術。それは格闘技と違い、万人全てが使用できる術であり、例え高齢者でも使用できるものである。肉体を使った護身術のみでなく、実戦での襲撃者との駆け引き等、いわゆる「兵法」を知ることも護身術のうちである。「事前察知」「事前防御」「事前警戒」が兵法の基本であるといえる。

以上が上記三つ(武道・格闘技・護身術)に対する私的な意見です。しかしながら、上記三つは離れているようで、実際は同じものです。なぜならば、上記三つの基本的な要素は結局「心技体」に至るからです。

心=精神力及び「心」は武道では当然必要ですし、護身術に於いても相手の「心」の動きを捉え、兵法を繰り出したり、自身の「心」をコントロールすることが重要なことです。
また、「人間性」が悪ければ、他人から要らぬ恨みを買い、それによって被害を被ることもありえますね。
格闘技に於いては、肉体鍛錬のみが強調されそうですが、精神と肉体のバランスが無ければ成り立ちません。いくら体が強くとも、心がすぐ折れるようでは相手に勝つことは出来ませんね。

次に「技」ですが、武道・格闘技・護身術共、「技」が必要不可欠なのは言うまでもありません。時に肉体的劣等さを凌駕するのが「技術」でもあります。

最後に「体」です。これは生物の根本的なものです。肉体を丈夫にすることは上記の三つに於いても絶対不可欠ですね。それは年を老いても同じことです。食事や生活習慣に気を使い、病気やケガを未然に防ぐ。軽い運動を毎日することを心がけ、肉体の健全さを保つ。全ての基本とも言えるのがこの「肉体」なのです。

例えば、上記の三つの中で時に最も過小評価されるのが「護身術」と「肉体」の関係です。護身術に「兵法」が重要と前述しましたが、根本的に肉体がうまく作用しなければ、危機を潜り抜けることは不可能なのです。
簡単に言いますと、「事前警戒」を行っていたにも関わらず、狡猾な襲撃者にあなたが襲われたとします。そこで、あなたは「逃亡」しようと走り出しますが、運動不足で足をくじきその場に倒れこんでしまい結局捕まってしまった。
要は、護身術を使用する際に「技術」「精神力及び心」に於いて問題が無かったとしても、肉体を練成していなければ、危機を脱する確率がグンを下がってしまうのです。

では、身体に問題を抱える方は意味がないのか?というとそうではありません。例え足が不自由だとしても、上半身を練成し、危機に備えることは出来ます。実際にそういった方による護身技術もあります。
「極端なこと」を言うならば、寝たきりで、「指一本」しか動かせなかったとしても、護身術を行うことは出来ます。しかし、「重要」なことは寝たきりでも、いつも「頭脳を明快」にし、「指一本を動かす鍛錬」を怠らないことです。これもれっきとした肉体の鍛錬ですね。
「極論」ですが、もしアメリカ(あらゆる国)で、拳銃の所持を認められている州ならば、その「指一本」で小型拳銃の引き金を引くことは出来るのです。

これらが、前述三つに関する私的な意見です、どうぞ参考にしてみて下さい。合掌




http://www.geocities.jp/suishin_ryu

 
 
》記事一覧表示

新着順:88/114 《前のページ | 次のページ》
/114