teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 全力全開(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:7/114 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

お返事遅れました

 投稿者:主水  投稿日:2008年11月 9日(日)00時14分34秒
  通報
  多忙の為お返事遅れました、お詫び致します。それでは返答致します。
はじめになまったちゃんさん、私たち水心流では実戦空手及び護身術の基礎体力に次のようなトレーニングを行っています。下記は平均で各2分ほど、ヒンズースクワット・空気椅子は5分程行っております。

①腕立て伏せ(拳立て伏せ)
②腹筋及び背筋運動(もしくは足上げ腹筋、一人背筋運動)
③スプリンター(腕立ての状態で足のみ動かして走ります)
④スクワットスラスト(直立の状態から一気に伏せてまた立ってを繰り返します)
⑤ヒンズースクワット(足を屈伸させます)
⑥空気椅子(椅子に座っていると仮定して手を前に突き出しそのまま座ります)
⑦タイヤキ(直立から一気に伏せた後、今度は仰向けになりそのまま体を右に左に回転させ、最後に立ちます~繰り返しです)
⑧その場走り(その場で全力で走りますが、膝は大きく上げ、かつ手は開手で大きく振ります=短距離走の要領です)

以上が初歩的な基礎体力です。家の中でも出来るものばかりですから、ぜひ挑戦してみて下さい。

次に花の3年A組さん。痴漢撃退法という事でしょうか。
護身術講座でも述べましたが、昨今は不審者が出没する事は巷では決して不思議な事ではなく、痴漢などの変質者による犯罪はいつ起こっても不思議ではない状況に有る、と言えます。
こう書いている間にも、こちら地元岐阜は美濃加茂にて、帰宅途中の女子高生が外国人風の強盗に襲われ羽交い絞めにされました。相手は刃物も所持していたようなのですが、「運良く」被害者は逃げ出す事ができました。下記事件詳細です。


       白人風の路上強盗、女子高生から財布盗む/岐阜

 7日午後7時半ごろ、美濃加茂市中富町の路上で、帰宅途中の加茂郡の女子高校生(
18)が、外国人風の男に羽交い絞めにされた。高校生はかばんを置いて逃げたが、顔
に数センチの切り傷を負った。かばんから現金約500円入りの財布が盗まれた。加茂
署は強盗致傷の疑いで、男の行方を追っている。

 調べでは、男は20歳から30歳ぐらいの白人風だったといい、身長は170―180センチでやせ形。ベージュの長袖シャツ、黒色ズボン姿で、刃物のようなものを持っていたという。

2008年11月08日 岐阜新聞


当サイトの護身術講座を見て頂けると分かりますが、何事も事前警戒・事前察知・事前防御です。これで身を守る上での90%がカバーされます。護身術を指導している私の口から言うのもなんですが、これが出来ればあえて護身体術を習得する必要はありません。
体術を習得するのは命の危険(身体の)を回避する場合のみです。それほど事前警戒等が重要だと言う事です。

では花の3年A組さんのケースを例に考えて見ましょう(少々厳しい意見が出てきますが出来るだけ第三者的に判断して下さい)。

①帰宅が遅くなった。
②一人で帰った。
③前から人が来ていたが十分な間合いを取っていなかった。

この3つが今回の痴漢被害の原因です。一つ一つ見てみましょう。

①帰宅が遅くなった。

これは学生であるならば部活動等で遅くなるのは当然で、「早く帰りなさい」とは言えないのが実情ですね。出来るだけ「遅くならない」のがベストなのですが、学校の仕組みを変えない限り無理でしょう。
しかしながら、以前豊田で遭った女子高生殺人事件(女性の為の護身術教室内参照)などは「遅く帰った」のが明らかな原因だと言えます。よって出来るだけ早く帰宅できるようにしましょう(部活等が終わったらすぐに)。

②一人で帰った。

暗闇を一人で帰るのは大人でも危険な時代です。出来るだけ友人と帰る事をお勧めします。あまりにも遅くなった場合は、親族の方に連絡して車で迎えに来てもらう方法もあります。車ならまだしも、徒歩や自転車での帰宅ならば、それだけ危険度が増す事を承知していて下さい。

③前から人が来ていたが十分な間合いを取っていなかった。

近年の学生には、上記の①②はごく自然な事でしょう。ならば、事前警戒・事前察知に徹して不審者を早期に発見し、回避するしか身を守る手段はありません。
あなたが自転車に乗っていて前から人が近づいてくるならば、その時点で神経を研ぎ澄ませていないといけません。
そのまま相手と間合いが取れるような広い道路ならば、間隔を開けて通り過ぎるか、一番良い方法は完全に道の反対方向へ移動してしまえばよいのです。とにかく「近付かない」これにつきます。

それでは注意して日々生活して下さい。

http://zenssr.com

 
 
》記事一覧表示

新着順:7/114 《前のページ | 次のページ》
/114