teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 全力全開(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:24/114 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

通り魔事件への対処法

 投稿者:主水メール  投稿日:2007年12月 2日(日)02時32分48秒
  通報
 

広島の通り魔事件の事でしょうか?以下、参照です。


繁華街に響く女性の悲鳴 広島の通り魔事件

12月1日7時51分配信 産経新聞

 中・四国地方最大の繁華街で悲鳴が響いた-。広島市の中心部で30日午前、女性が切りつけられた通り魔事件。血を流して倒れ込む女性(24)とナイフを持った男(35)。ふだん買い物客らでにぎわう通りは、パトカーや救急車が次々と駆けつけるなどして、騒然とした雰囲気に包まれた。

 現場は百貨店やブティック、飲食店などが立ち並ぶアーケード街。近くの飲食店従業員の女性(20)が、刺された女性の悲鳴を聞いて駆け付けると、ナイフを持った男が2、3人の男性に取り押さえられていた。

広島市中区の繁華街で通り魔、女性刺され重傷…男を逮捕

11月30日13時38分配信 読売新聞

 30日午前9時40分ごろ、広島市中区胡(えびす)町のデパート「福屋八丁堀本店」の南側にあるアーケード街の路上で、同市安芸区の女性(24)が、同市東区山根町の無職藤川英之容疑者(35)に果物ナイフ(刃渡り約8センチ)で、背中などを数か所刺された。

 女性は病院に運ばれたが、重傷。集中治療室(ICU)で治療を受けている。

 藤川容疑者は、通行人の110番通報で駆けつけた県警広島中央署員に、殺人未遂の現行犯で逮捕された。

 調べに対し、藤川容疑者は「ムシャクシャしてやった。誰でもよかった」と供述している。刺された女性と藤川容疑者に面識はないという。

 現場はJR広島駅から南西約1キロのデパートや商店街が集まる繁華街。当時、通勤やデパートの開店を待つ人で人通りは多く、一時騒然となった。以上、転載。

そうですね、「有り得る」という考え方が護身に於いて絶対不可欠です。
前回、長野のコンビニの件を取り扱ったばかりなのですが、不運にも今度は広島で発生してしまいました。

こういった通り魔に対しての対処法は非常に難しく、護身術の中でも高度な技術を必要とします。
特に夜間ならまだしも、昼間であれば「余計に」難しくなってしまいます。

「え?夜の方が難しいのでは?」とお考えになった方、それは全くの間違いです。と、いいますのも、夜であれば事前対処、事前防御の使用がある。
まず、深夜に女性一人で出かければそれなりに緊張感がありますし、多少のアドレナリンも出ているかもしれません。アドレナリンは人間を「戦闘態勢」にさせますから襲撃者からの攻撃にもそれなりに対応(反応)できるかもしれません。
また、それ以前に「そんな深夜に出歩くのは危険だ」とあなたが感じれば、それで事前回避できます。

また、あなたが襲撃者に接近されれば、相手の気配や音、また目視などの感覚で事前に読み取りすぐに逃げ出す事が出来るかもしれません。

しかし、今回の事件のように「昼間」、「人通りの多い空間」で「普通の人間を装って」背後から接近されたらかなり危険です。あなたの五感は周囲の雑踏で掻き乱され、背後から近づいてくる不審者をキャッチすることはかなり難しいでしょう。

では、通り魔に対しては無力なのか、というとそうでもありません。護身術講座でも述べましたが周囲警戒訓練(昼間・夜間双方)を普段から行う事、これが第一です。練習あるのみ、と言う事でしょうか。ちなみにボディーガード訓練では徹底して周囲警戒訓練を行います。

訓練を普段から行っておけば、ある程度まで未然に防ぐ事が出来るでしょう。しかし周囲警戒訓練を行っていたとしても100%ということは絶対有り得ません。防刃ベストや切創防護服、防刃盾などを装備しておく事も重要でしょう。
普段から運動をしておく事も重要です。当然、事前警戒で不審者を発見した場合、また切りつけられた場合でも即座に走って逃げなければなりませんから(相手との間合いをとる)。

また、今回の事件では刃渡り8センチと小型のナイフが使用されました。小型ナイフは大型ナイフよりも携帯・隠匿がしやすく、通り魔には格好の凶器になり得ます。覚えておきましょう。

時間があれば通り魔に対する対処法を講座で紹介できるといいですね。合掌

切創防護服のメーカー、「マードレ」さんです。
http://defense.to/index2.html

http://www.geocities.jp/suishin_ryu

 
 
》記事一覧表示

新着順:24/114 《前のページ | 次のページ》
/114