teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 全力全開(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:26/114 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

凶悪事件への対処法

 投稿者:主水メール  投稿日:2007年11月28日(水)02時45分0秒
  通報
  そうですね、また凶悪事件が発生しました。以下、転載。

長野コンビニ女性刺される サバイバルナイフ男逮捕

7日午後8時過ぎ、長野市のセブンイレブン若槻店で女性1人が刺された。警察は40代位の男を殺人未遂の現行犯で逮捕。警察によると男はサバイバルナイフなどを持っていた。消防によると他に男性1人が催涙スプレーのようなものをかけられ病院で手当てを受けている。
転載:報道ゲンバ http://www.tsb.jp/CMS/xps/modules/news/article.php?storyid=2888

 長野のコンビニに包丁男、女性客刺される…殺人未遂で逮捕

 7日午後8時5分ごろ、長野市稲田の「セブン―イレブン長野若槻店」で、店内に入ってきた男が、会計をしていた女性客(40)を刃物で刺し、女性と一緒にいた男性客(25)にも催涙スプレーのようなものをかけた。(読売新聞)

zara's voice recorderさんのページは更に詳しく当時の状況及びその後を伝えています。

http://zara1.seesaa.net/article/59766420.html

情報を整理してみましょう。

>長野市稲田の「セブン―イレブン長野若槻店」にて40代の女性が会計前にて立っていたところ、いきなり後部からサバイバルナイフを持っていた男に刺され重傷を負った。
直後、男を取り押さえようとした女性の夫にも催涙ガスを噴射、店内奥へと逃げ込んだ。
男は刃物を収集するのが趣味で、事件現場にも3本の刃物(内サバイバルナイフと牛刀)を持ち込んでいた。防犯カメラの映像によると、男は店内に入ってくると即座に被害女性の後ろに回り込み刺していた。<

他、情報を見てみると女性は事件当時お子さん(長女5ヶ月)を抱えていたようですから、全くの不運としか言いようがありません。女性がお子さんを抱えている事ほど無防備なものはありません。

このような状況下で(被害女性の旦那さんも長男4歳のお子さんを連れておられたようですから)完全に防御できるか疑問です。
また、犯人は被害者と口論を起こすわけでもなくいきなり刺しにいっています。これ程恐ろしい事はありません。

ただ、理解して頂きたいのは現在の日本ではこういった無機質な犯罪が多く(オーストラリアと比べてみても)、なんの理由もなく刺したり、といった事件が多いということです。
と言う事は、「今の日本ではいつ起こっても不思議ではない」という事なのです。

青田赤道さんは護身具の携帯を指摘されましたが、とっさにそれが使用できるかが問題になってきます。確かに素手ではリスクがつきますから、護身具の携帯はいいのですが、それ以上にこちらで私が何度も指摘しているように護身では「事前察知」「事前防御」が重要であると思います。

私事なのですが、普段私もコンビニはよく利用しています。特に深夜などは、雑貨から食べ物までなんでも手に入りますから重宝しています。

しかしながら、深夜などは「いろいろな人種(国、という意味ではない)」が来るのでかなり警戒はしています。例を挙げれば、コンビニを探して見つかったとしてもすぐに駐車・入店はしません。一回スルーして駐車場を確認、問題のある、もしくはありそうな車・人間がいなければ一旦隅へ駐車します(いた場合はそのままスルーして他のコンビニを探します)。

駐車した車の中から店内を確認(ジロジロとは見ないサッと目で流す感じです)、問題のありそうな人間(集団)がいないかチェックします。問題があれば即座に去りますが、なければ店内に入ります。店内全体をサッと見渡します。問題がなければ買い物を続けます。
この時問題があれば長居は無用でさっさと買って店を出ます。また、店内に入ってきた客も注意し、問題のありそうな客が入ってきたら警戒しつつもさっさと買い物を済ませ店を出ます。

そして、基本的にコンビニだけではなく、自分から見て周囲1~2メートル以内に入ってきた物・人間に関しては常に注意・警戒していますから(職業病です)、後ろに回りこまれれば分かります。

ただ、これは自分ひとりで行動する場合です。親族・友人・知人と一緒にいる場合、それだけで護身的には80%のロスとなります。男性と一緒であれば問題は無いのですが、子供・女性・老人と一緒の場合、悪い言い方をすれば「足手まとい」となります。

自分の身は守れたとしても、一緒にいる弱者の身を守るのは非常に難しくなります。

私自身、豪州にてボディーガード訓練を受け実践していますが、一番大切な事は「事前プランを練ること」に絞られます。よって、拳銃で応戦する、警棒で相手を殴ることが重要ではありません(むしろそう言う状況下に陥ったらボディーガードとしては失敗です)。
クライエント(依頼者)が通るルートを下見、逃亡用ルートの確保など細かに決めていき、安全を確保します。
後は「迅速な移動」「目立たない事」などが重要です。

話は長くなりましたが、もし私が今回の件の被害者の立場であるならば、入店してくる男を確認、同伴者に対して異常接近してくる男に前蹴りから護身具使用となります(状況にもよりますから、あくまでも例として)。

私は、事件現場となったコンビニに行った訳ではないですし、どんな感じの店で、客層はどんな感じなのか分かりませんから、実際のところははっきりとは言えませんが、だいたいこんな所でしょうか。主水

http://www.geocities.jp/suishin_ryu

 
 
》記事一覧表示

新着順:26/114 《前のページ | 次のページ》
/114