熊本大学医学部ソフトテニス部



カテゴリ:[ スポーツ ]


226件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[228] 練習試合結果

投稿者: 浅沼 投稿日:2017年 3月27日(月)13時16分30秒 sp49-106-208-148.msf.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

お疲れ様です。
団体戦の結果を報告します。

対久留米大学
2-③で敗北

対九州大学
2-③で敗北

取り急ぎ失礼します。




[227] 平成12年卒の一ノ瀬です。

投稿者: 一ノ瀬 投稿日:2017年 3月22日(水)18時08分32秒 p1172-ipbfp401sinnagasak.nagasaki.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

小原さん、中川さん、書き込みありがとうございました。
黒瀬さん、今後ともよろしくお願いいたします。
また膝が悪い中、審判をしてくださった部員の方、ありがとうございました。いつか機会がありましたら、プレーを拝見したいです。
皆さま、お忙しい中、本当にありがとうございました。
試合等で長崎に来られることがありましたら、是非応援に行きたいです。
今後ともよろしくお願いいたします。



[226] (無題)

投稿者: 中川 投稿日:2017年 3月21日(火)23時17分31秒 medi073.el.kumamoto-u.ac.jp  通報   返信・引用   編集済

こんばんは、医学科二年の中川です。

一ノ瀬先生、鳥飼先生、一昨日は新屋敷にて試合をさせていただき、ありがとうございました。まだまだ練習不足で課題が山積みですので、1日1日を大切にしてさらなる技術、メンタルの向上に努めていきます。一ノ瀬先生、鳥飼先生はプレーのみならず、プロのテニス動画やフィジカルの本などをしっかりと見たり、読んでいて、私たちは見習うべき点が多々ありました。本当にありがとうございました。
2試合目の後衛は4年生の黒瀬先輩です。

今は特にテニスに向き合える時期です。各自が今の自分に満足することなく、さらなる高みを目指して頑張っていきましょう。オフの期間、楷樹で積極的に自主練をしていた人は、徐々に良くなってきました。しかし、これは逆も然りで、正規練だけで上手くなろうというのは正直厳しいです。九山まで本気で頑張りましょう。

失礼します。



[225] Re: 御礼

投稿者: 鳥飼 投稿日:2017年 3月21日(火)23時06分26秒 125-13-69-188.rev.home.ne.jp  通報   返信・引用 > No.224[元記事へ]

同じく 平成12年卒の鳥飼です。
今回は同期の一ノ瀬先生(長崎在住)の来熊に合わせて10数年振りにラケットを握ってみようという偶然に偶然が重なり後輩の皆さんの練習に鉢合わせてしまったというのがことの始まりだったのですが、急なお願いにも嫌な顔せずにお相手していただいて本当にありがとうございました。私の方は本当に久しぶりのテニスコートで最後はフラフラになってしまいましたが、3試合もプレーすることができ実に楽しく充実した時間を過ごせました。また機会があれば顔を出したいと思いますのでその際はよろしくお願いします。
みなさんの今後のさらなる活躍を期待し、学生のうちにしか経験できない感動をたくさん味わえることをお祈りしてます! 



[224] 御礼

投稿者: 一ノ瀬 投稿日:2017年 3月21日(火)18時15分57秒 p1172-ipbfp401sinnagasak.nagasaki.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

平成12年卒の一ノ瀬と申します。19日は突然お伺いしたにもかかわらず、お世話になり本当にありがとうございました。個人的には、昔と変わらず部員の皆さんが真剣に軟式テニスに取り組まれている姿に感銘を受けました。同時に、20年前の幹部学年の頃を思い出し、変わらぬ新屋敷コートの中でとても懐かしさを感じました。鳥飼先生も同じ気持ちだったと思います。
試合をしてくださった部員の方々、ありがとうございました。なかなかお名前を覚えきれず、、すみません。ちょっと雑感を下に書かせていただいたので、間違いがありましたら、訂正してお教えください。
1試合目と3試合目の二回対戦してくださった中高経験者の後衛の方が、小原さんでしょうか?ベースラインぎりぎりの正クロスのレシーブやシュートボールが特に素晴らしかったです。サーブも見事でした。参りました。
そして2試合目と3試合目に組んで頂いた前衛の方は剣道経験の中川さんでしょうか?テニスを始めてそう何年も経っていないとのお話が信じられないくらい、フォアのレシーブの切れ味、ボレー(フォアもバックも)の反応も素晴らしく、試合中かなり助けられました。ありがとうございました。
1試合目に相手してくださった、スーパー前衛は長元さんでしょうか?船水・星野の星野選手を彷彿とさせるサーブやスマッシュ、ボレーが医学部レベルと思えず、驚異的でした。手も足も出ませんでした。
2試合目に相手してくださった後衛の方のお名前がすみません、わからないので教えていただけませんか?ストロークがとてもしっかりした構えで、バランスの良い考えた配球をされていました。ありがとうございました。
皆さん、私たちが学生の頃よりはるかに上手で、今後のご活躍がとても楽しみだと感じました。
貴重な機会をつくっていただき、本当にありがとうございました。
今後のますますのご活躍をお祈り申し上げます。



[223] 強化練が始まりました!

投稿者: 小原 投稿日:2017年 3月19日(日)21時17分36秒 sp49-104-43-73.msf.spmode.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

まずは6年生の先輩方、国家試験全員合格おめでとうございます!先輩方のこれからの医師としてのご活躍を期待しています!頑張って下さい!
また昨日は練習に興梠先生が来てくださり、さらに今日は平成12年卒の一ノ瀬先生と鳥飼先生がたまたま同じコートで練習されており、一部の部員でそれに参加させていただきました。昨日は興梠先生に部内戦に対する姿勢についてご指摘をいただき、その反省を活かして今日の練習に臨みました。また一ノ瀬先生、鳥飼先生は卒業されて15年以上経つにも関わらず、シュートの確実性や一撃で決める攻撃力を持ったプレーをされていて、とても良い経験をさせていただくことができました。本当にありがとうございました!

さて昨日から九山へ向けた強化練が始まり、部員全員がそれぞれの技術向上とチームの雰囲気作りに励んでいます。強化練前のミーティングでは部員内で長時間に及ぶ話し合いを行い、それぞれの練習で全員が一つの目標に向けて取り組めるような態勢作りを行いました。そうして始まった強化練ですが、特に下の方の学年からの追い上げは凄まじく、同級生にも目に見えた変化が出てきて、自分もこのままではいけないなと感じさせられています。ミーティングでも言いましたが今成長を少しでも感じている人は、この変化を無駄にしないように、自分の中で何とか言語化して確実に自分のものにできるようにしていきましょう。

昨日も本日もOBの先生とお話しする機会があり、OBOGの先輩方がどれだけ応援してくださっているか、またどれほど結果を望まれているかを改めて感じました。その期待に応えられるように、部員一同日々練習に励んでいきますので、変わらぬご支援のほどをよろしくお願いします

それでは失礼します。



[222] 医師国家試験

投稿者: かわたつ 投稿日:2017年 3月17日(金)17時50分8秒 net138-105.mclink.it  通報   返信・引用

おつかれさまです。
本日、第111回医師国家試験の結果が発表され、今年度の卒業生5人全員合格しました。

4月からはそれぞれ
河野 人吉医療センター
今井 済生会熊本病院
岸本 佐賀大学医学部付属病院
白川 人吉医療センター
山田 大分県立病院
にて初期研修医として働くことになります。

たくさんの先生方、部員のみなさんの差し入れ、激励のお言葉本当にありがとうございました。
部活にはOB会に限らずいろいろな形で今まで頂いたものを返せていけたらと思います。
まだまだ未熟な私達ですが、今後ともよろしくお願い致します。









[221] (無題)

投稿者: 松山 投稿日:2017年 3月14日(火)00時49分2秒 sp49-104-48-222.msf.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

こんにちは。女子部4年生の松山です。
応援に来てくださった佐々木先生、興梠先生、山田先生、芥川君、長元君ありがとうございました。見送りに来てくれたしぃちゃん、かがみん、くぼっち、ともえちゃん、ひろこちゃん、浅沼君もありがとう!

みんなが飯田杯のことについて書いてくれているので、私は2日目の練習試合について書こうと思います。日付が変わってもう一昨日のことになるのですが、飯田杯2日目の練習試合に希望者7名で参加してきました!例年、熊大はこの練習試合に参加していなかったのですが、キャプテンのともえちゃんが声を掛けてくれて参加が実現しました。

私自身は昨年の飯田杯で負けてしまった相手ともう一度試合をして勝つことができ、ひとつ自分の成長を感じることができました。一方で、1日目の大会で見つかったものと別の課題も見つかりました。
他の部員も他大学の1番手と対戦することができたり、やってみたかった相手と試合をすることができたり、大会直後だからこそ明確になった課題に取り組むことができたり、部内戦では得られないような大きな収穫を得ることができたと思います。
1年生のはるかちゃんも実は練習試合に興味を持ってくれていたようですが、来年以降もっともっと多くの部員と参加できたらいいなと思っています。

私は今回の飯田杯で、団体メンバーに入ることができませんでしたが、興梠先生をはじめとする応援に来てくださった方のお話を聞いて、熊大の勝利に間接的な貢献をすることはまだまだできると気づかされました。“良いプレー”と“悪いプレー”を学んで指摘できるだけの目を養うこと、指摘し合える環境を作ること。団体メンバーだけが発信するのではなく1年生までの全員が発信できる環境を作れるように、私も率先して発信していきます。

2ヶ月後にはもう九山がやってきます。団体戦決勝リーグでの山口大学との試合を見た時には明確な実力差を感じました。今までと同じ練習・環境では勝てません。今回参加できなかったメンバーも4月から戻ってきますが、簡単に団体入りできるような状況を作らないよう、私も精一杯努力します!
6年生の先輩方やまろちゃんにとっては最後の九山ですし、ダッシュ練やビデオ鑑賞会、飯田杯2日目の練習試合など、今までにない取り組みを取り入れてくれた現幹部も九山で一旦一区切りとなります。最後、全員で一丸となって、今度こそ優勝しましょう!

最後になりましたが、いつも応援してくださるOB・OGの先生方、先輩方本当にありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。



[220] 飯田杯

投稿者: 原口春菜 投稿日:2017年 3月13日(月)22時33分46秒 p184109-ipngn200402obiyama.kumamoto.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

 今回の飯田杯のために、お忙しい中せっかくの土曜日に大分まで応援に来てくださった佐々木先生、興梠先生、山田先生、ありがとうございました。少し遠くに芥川と長元を見た時は、ウソかと思いました。というか最初似た人だと思いました。ありがとうございました。また人生最後の春休み中のしーちゃん、ポリ前試験中なのにわざわざ深夜にお見送りに来てくれた、ゆうき、あやなちゃん、ともえちゃん、ひろこちゃん、ぬまっち、本当にありがとうございました。また、大会前に新屋敷コートでの練習に来てくださったことも、興梠先生、ありがとうございました。

 今回私は、カリキュラム変更によるポリ前試験で出られないゆうきの代わりとして、団体戦に出ました。だから自分のせいで予選リーグ突破出来ない可能性は低くないし、そうなったらどうしようと不安な気持ちもありました。
 結果は準優勝。いつも団体に出ているメンバーは優勝出来なくて悔しかったと思うけど、私は準優勝でもじゅうぶん嬉しかったし、そんなに暗い雰囲気で終わらなくてもと思いました。負けたくせに言うなって思う人も居るとは思いますが、当日の試合中のメンタルをどうにかしたとしても、自分の今の実力で、決勝リーグで試合した相手に勝つことは出来なかったと思うからです。こう言うと最初から勝つ気が無く試合してたと捉える人もいるのでしょうが、そういうことではないです。(決勝リーグで私に勝利を期待してた人は居ないと思います。居たら教えてほしいくらいです。)
 決勝リーグでの自分の試合を振り返り、思ったことは、ボールの速さを速くしないといけないし、ボールに回転をかけないといけないってことです。自分より強い相手に対して守りでいっても勝てるわけないから攻めていこうと決め、私のなかでは攻める=振り回しなので、自分から振り回していきました。でも結局、私のボールはゆるいから相手前衛もそれだけ動く時間があるし、叩きやすいし、相手後衛も打ち込みやすくて。回転がかかってないから振り回しても追い付かれて上手い人だとバックでシュートを打たれる。結局、戦略とかは強いボールを打てる段階の人がすることで、私はそれ以前の問題だったなと痛感しました。しかもメンタルやられてたわけでも無いし、割と練習通りに打てていた方だったので、問題はクリアーでした。
 今までずっとボールの速さや回転についてはある程度でいいやって逃げていて、いつの間にか戦略重視みたいになっていたけど、上手い人達はもれなくボールもフォームもすごく綺麗で、体重移動がしっかり出来ていて、ボールに体重が乗っています。もう5年生も終わり、すごく今更感がありますが、九山まで打っていく1球1球は、まず回転そして速さを意識し、九山本番では回転のかかった今までより速いボールを打ちます。特に私は左利きだから、回転をかけられるようになればかなり有利になるし、それをモチベーションに頑張ろうと思います。
 1本打ちと乱打でトレーニング出来ると思うので、誰か一緒にしてやってください。笑

 そしてまるちゃん!(*^0^*)組んでくれてありがとう。たくさん負けちゃったけど、めちゃくちゃ楽しかったよ!(*^0^*)(※コピペじゃないです笑)
 大分との試合で勝って予選リーグを突破した時には、テニスをしてきて初めて嬉し涙が出ました。まるちゃんとだから楽しかったし、まるちゃんとだから勝てたと思ってます。本当にありがとう。ちょっと私にはだいぶ記憶力が無いので、逆に悔し涙があったかどうかは覚えてないですが、滅多なことじゃ泣かないしたぶん無かった気がします。
 今まで何度も部活やめようとしたけど、続けて来てよかったって心から思いました。あの瞬間の喜びはかけがえのないものだなぁと思います。だから、優勝ってどれだけの喜びがあるんだろうと、引退間近にものすごい今更感とともに思いました。

 嬉しいことと言えば、OB会の時に興梠先生と宮下先生が「上手くなってたね」と声を掛けてくれたことがとても嬉しかったです。見てくれていたこと、そしてそれを言葉にしてわざわざ私に伝えてくれたことがとても嬉しかったです。応援してもらえている、ということを感じたからです。
 だから私も後輩にもっともっと声掛けをしていこうと思いました。良いことだけじゃなくて、悪いこともです。まろちゃんも書いていたけど、熊大はお互い気付いているのに注意出来ない環境が確かにあると思います。言えないのは遠慮があるからだし、思いやりは大事だけど、遠慮せずに言っていくことで仲も深まると思うので、皆で高めあっていきましょう!!!仲良くなりましょう!!!

 最後になりましたが、いつも応援してくださっているOB・OGの先生方、先輩方、本当にありがとうございます。これからもご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。
 乱文失礼致しました。



[219] 飯田杯

投稿者: 大石 投稿日:2017年 3月13日(月)01時15分20秒 240.229.150.220.ap.seikyou.ne.jp  通報   返信・引用

今回はお忙しい中大分まで足を運んでくださり応援して下さった佐々木先生、興梠先生、山田先生、芥川先輩、長元先輩、朝早くからお見送りに来てくださった卒業生、今回の試合に出られなかった部員の皆さん本当にありがとうございました。

今回も前回の中村杯と同様に山口大学に敗北し準優勝という結果に終わりました。次こそは優勝と言い続けてきて気付けば次の試合が最後となります。このままでは九山でも本当に優勝できないなと痛感させられた飯田杯だったと個人的に思っています。

実際今回予選リーグの中でも何度も負けそうになった場面もありました。普通に打ち合っていれば打ち負けるはずのない相手にも自分から先にミスしたり、サーブレシーブのミスが多かったりしたためです。メンタルが弱くて打てないと言いますが、練習中から一球一球を試合だと思って打っているか、一球たりともさぼったボールがないか考え直した時にちゃんとやっていると言える人は自分も含めたぶん誰一人としていないと思います。そうやって練習中にさぼったプレイは本番のここぞという時に必ず出ます。練習中、絶対試合でそんな適当なボール打たないだろうとか、前に走らされたボールそんなに早く諦めないだろうとか、お互い気づいているのに注意しあえない環境が熊大がいつまでも優勝できない理由なんだろうなと思います。特に私は人より長くテニスに関わってきている分そういう所に多く気付いているはずなのに、目をつぶってこれくらいでいいだろうと妥協してしまっていました。でも現役部員として部活をできるのも残りわずかなので、妥協せずにもっと気付いたことは言っていきたいし、部全体がお互いを高めあえる環境に近づけるよう頑張っていきたいです。

最後になりましたがいつも応援し支えて下さるOB、OGの先生方、先輩方への感謝の気持ちを忘れずこれからも部員一同頑張って行きます。これからもご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い致します。長文乱文失礼致しました。


レンタル掲示板
226件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口

© GMO Media, Inc.